So-net無料ブログ作成
夏の終り ネタバレ ブログトップ

夏の終り ネタバレ [夏の終り ネタバレ]

夏の終りは、瀬戸内寂聴原作、ひとりの女とふたりの男の、センセーショナルな愛の物語です。

【送料無料】夏の終り改版 [ 瀬戸内寂聴 ]

【送料無料】夏の終り改版 [ 瀬戸内寂聴 ]
価格:452円(税込、送料込)



夏の終りは、瀬戸内寂聴さんが、40歳のときに書いた小説だそうです。彼女自身の作品の中で最も好きな作品だそうです。ふたりの男の間で揺れ動く、ひとりの女の愛の迷いは半世紀を経ても色あせない。

夏の終り【送料無料】夏の終り改版 [ 瀬戸内寂聴 ]

ネタバレになりますが・・・
年上の男と包み込むような穏やかな愛の生活。年下の男との激しい愛欲。そのどちらもが私を満たし、心を乱す

妻子ある年上の作家・慎吾と、長年暮らしている知子。
慎吾は妻のいる家と知子の家を週にきっちり半々、行ったりきたりしている。
妻と別れて欲しいと考えたこともなく、
知子はこの平穏な生活に、自分が満足していると思っていた。

しかしある日、木下涼太が訪ねてきて、知子の生活は微妙に狂い始める。
涼太は、昔、知子が結婚していた頃、どうぢようもなく恋に落ち、夫と子供を捨て駆け落ちした男だった。
知子は慎吾との生活を続けながら、涼太と再び関係を持ってしまう。
そして涼太の知子を求める情熱はやがて、知子の心の底に仕舞い込み、自分自身も気づいていなかった本当の気持ちを揺さぶり起こしていく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
夏の終り ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。