So-net無料ブログ作成
検索選択
奇跡のりんご あらすじ ブログトップ

奇跡のりんご あらすじ [奇跡のりんご あらすじ]

映画奇跡のりんごは、6月8日(土)全国東宝系にてロードショーです。
奇跡のりんごは、2006年NHKプロフェッショナル仕事の流儀で紹介され、大反響を呼んだりんご農家の木村秋則さんの実体験をもとに映画化されたものだ。

奇跡のりんご




奇跡のりんごの実体験をもとに「チーム・バチスタの栄光」などの監督として知られる中村義洋監督が映画化

奇跡のりんごは、早くもハリウッドでリメイク企画が進行中という。

奇跡のりんご、あらすじ

舞台は、1975年の青森県弘前市。幼いころから好奇心が旺盛で、テレビやバイクなど、目に就くmのは何でも分解し、その仕組みがどうなっているのか追求せずにはいられない性格だった秋則は、社会人となり、やがて同級生の木村美栄子の実家のりんご農家を手伝い始める。

りんごはデリケートな果物で、気の遠くなるほどの手間をかけないと実らない。そんなりんごを病害虫から守るため、年に十数回行う農薬散布のたびに皮膚がかぶれ、数日間寝込むこともある美栄子の体を心配し、秋則は無農薬によるりんご栽培を決意する。しかし、それは”神の領域”と呼ばれるほど絶対不可能といわれていた栽培方法だった。

りんごの歴史など、知らなかった事実が多く描かれていて興味深い。

また、木村さんの不可能に挑戦し続ける孤独な闘いを、体当たりで熱演している阿部サダヲから目が離せない。

木村さんがどのような奇跡を起こすのか?真実は小説より奇なりという言葉があるが、この作品が実話をもとに描かれているということを忘れないで、見てほしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
奇跡のりんご あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。