So-net無料ブログ作成
図書館戦争 映画 あらすじ ブログトップ

図書館戦争 映画 あらすじ [図書館戦争 映画 あらすじ]

図書館戦争
映画は、4/27からロードショー。 
図書館戦争?どんな戦争じゃ?想像すらつかないわ。

【送料無料】図書館戦争 ...

【送料無料】図書館戦争 ...
価格:1,680円(税込、送料込)




図書館戦争は、なんでも、岡田准一と榮倉奈々の共演だそうだ。

図書館戦争、あらすじが気になるところだが・・・。

図書館戦争
あらすじ

舞台は、メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。


読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員に
かつて助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、
憧れの図書隊員になる。


担当教官・堂上篤(岡田准一)の厳しい指導を受け、
女性で初めて図書特殊部隊に配属された郁。


そんなある日、図書隊とメディア良化委員会の対決が避けられない出来事が起きる。

恐ろしく、奇妙な世界観もさることながら、
何と言っても榮倉演じる図書隊の新米熱血隊員・笠原と、
岡田演じるスパルタ担当教官・堂上の師弟関係が見ものだ。


小さい頃に大切な本を奪われそうになったところを
助けてくれた図書隊に憧れて入隊した笠原は、
男勝りの気性&武力を誇るタフな女性。


そんな彼女が、あくびしては本で頭をたたかれ、
任務でミスを犯せば「バチン!」と平手打ちをくらう。女性だからといって手加減しない男の世界であるものの、堂上のあまりにも容赦のない指導ぶりにはドキリとさせられる。


しかし、そんな堂上のSぶりにトキめく女子も多いハズ。さらに、
体を激しくぶつけ合う柔道対決や嵐の中のテントでの秘密の会話など、乙女心をくすぐる名場面が満載! 

『阪急電車 片道15分の奇跡』などの原作者、
有川浩の代表作を基に、岡田准一と榮倉奈々が本を読む自由を守る自衛組織の隊員にふんするSFアクション。


国家によるメディア検閲が正当化されている架空の社会を舞台に、
“図書隊”の新人女性隊員が鬼教官や仲間たちに助けられながら、
知る権利や本を読む自由を死守すべく戦いに身を投じていく。


田中圭や栗山千明、石坂浩二など豪華なキャストが共演。『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介がメガホンを取る。本格的な戦闘シーンと共に、登場人物たちの恋の行方からも目が離せない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
図書館戦争 映画 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。