So-net無料ブログ作成
検索選択
舟を編む あらすじ ブログトップ

舟を編む あらすじ [舟を編む あらすじ]

舟を編む、2012年本屋大賞第1位!ベストセラー映画化です。
舟を編むとは、辞書【舟】を編集する【編む】人たちの笑って、泣ける感動エンターテイメント。

舟を編む、あらすじになりますが・・・
出版社・玄武書房に勤める馬締光也は、営業部変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に迎えられる。


新しい辞書「大渡海」-見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は、「今を生きる辞書」。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男。個性はぞろいの面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。

そして出会った、運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。

問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?

馬締の思いは伝わるのか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
舟を編む あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。