So-net無料ブログ作成
検索選択
舟を編む 意味 ブログトップ

舟を編む 意味 [舟を編む 意味]

舟を編む
意味 辞書 【舟】を編集する【編む】人たちの言葉と人への愛を謳う 感動のエンターテイメント!

舟を編むは、2012年本屋大賞第1位に輝いたのは、辞書作りに情熱を注ぐちょっと変わった人たちの懸命な日々と壮大な夢を描く「舟を編む」。「まほろ駅前多田便利軒」で第135回 直木賞を受賞、今もっとも新刊が待ち望まれる作家のひとりである三浦しをんの傑作小説である。


舟を編むは、地道で根気のいる辞書編纂・・・ともすると地味に見える世界を描きながら「情熱的で素晴らしい仕事!」「目の離せないスポーツ競技のよう!」「登場人物のキャラクターが面白い!」と読者を虜にし、2012年最も読まれた文芸書となる。その愛すべき小説を若き俊英・石井裕也監督が松田龍平・宮崎あおいを迎え、感動の映画化。

人と人との思いをつなぐ、”言葉”というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするものー辞書。

舟を編むは【舟】を編集する=【編む】、ある出版社の編集部の物語。

24万語におよぶ言葉の海に奮闘する新人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締の下宿の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いを、なんとか”言葉”にし伝えようとする、もどかしくみ微笑ましい伊やりとりを描きだす。誰かに思いを伝えたい、つながりたいー”言葉”という絆を得て、それぞれの人生がやさしく編みあげられていく。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
舟を編む 意味 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。