So-net無料ブログ作成
山田孝之 映画 2013 ブログトップ

山田孝之 映画 2013 [山田孝之 映画 2013]

山田孝之のオムニバス映画が、
2013年4月6日始まる。

映画らくごえいがだ。

山田孝之が、落語をモチーフにした
映画らくごえいがに出演する。らくごえいがは、
古典落語「ねずみ」「死神」「猿後家」を原作・原案とした3つの短編と、落語家へのインタビューなどから成るオムニバス映画だ。

山田孝之が、出演するのは、死神が見えるようになった男が主人公の古典落語「死神」を原作にした『ライフ・レート』。

東京藝術大学大学院映像研究科所属の松井一生がメガホンを取る。
山田孝之は、安田顕、本田翼と共演する。

「ねずみ」が原作の『ビフォーアフター』には田島ゆみか、音尾琢真、斉木しげるが、
「猿後家」が原作の『猿後家はつらいよ』には加藤貴子、戸次重幸、村上健志(フルーツポンチ)、西方凌がキャスティングされている。

本作の案内人には若手落語家の桂三四郎。
音楽は全編を通してミュージシャンのHARCOが手掛ける。



映画『らくごえいが』は2013年ユナイテッド・シネマほか全国公開。

「らくごえいが」は、「落語の映画」ではありません。

「古典落語」の演目を原作としながらも、
舞台を現代に置き換えた「らくご」の映画です。
落語家・桂三四郎が、落語には欠かせない「枕」で3本の短編映画をナビゲート。

まるで、3席の落語を楽しむようなカタチに仕立てています。

さらに注目していただきたいのは、若手から大御所まで7名もの落語家さんから届いたコメント。


映画をご覧頂いたご感想を、インタビュー映像として収めています。
皆様のご感想と、落語家さんのそれとを比べてみるのも面白いかも知れません。

「古典落語」を原作としながらも、舞台を現代に移すという試み。
落語家のインタビューから始まり、インタビューで締めるという試み。
「古典落語」を映画化する過程までも映画に仕立てた、‘ドキュメンタリー映画’的な試み。

【送料無料】写真集白夜行


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
山田孝之 映画 2013 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。