So-net無料ブログ作成
パンスターズ彗星 見頃 ブログトップ

パンスターズ彗星 見頃 [パンスターズ彗星 見頃]

パンスターズ彗星の接近が近づいている。
パンスターズ彗星は、久々に双眼鏡で見える明るさになる。


パンスター彗星の見頃は?
パンスターズ彗星が、日本で見え始めるのは、3月初旬だ、。日の入り直後の西の空低現れる。

3月10日には、日の入り30分後に約5度の高さにいて、その30分後には沈んでしまう。水平線まで開けた場所で、日没地点のすぐ上を探そう。空はまだ明るく、ぎりぎり双眼鏡で見えるかどうかだ。

彗星はその後、徐々に高度を上げて見やすくなる。注目は、13日~15日、細い月とランデブーだ。15日には、三日月の下にいて、夜空が暗くなる午後7児頃まで見える。水平線すれすれの彗星から、三日月近くまで尾がたなびくかもしれない。相変わらず目で見るのは難しいが、写真ならとらえられそうだ。

3月下旬になると北へ動き、夜明け前の東北東のの空でも見えるようになる。


次の注目は4月2日~6日ごろで、アンドロメダ銀が(M31)に大接近する。明るさは5~6等級に落ちているものの、双眼鏡や望遠鏡ならぽおっと広がる二つの天体が並んで」見えるかもしれない。夕方だと午後7時に北西、明け方なら午前4時半に北東の空の、いずれも10度ほどの高さを探そう。人工光の少ない明け方が見やすい。4月いっぱい北の空で遠ざかる姿が楽しめ、5月には7等を下回る。






                                                                                                                                                                                                                                                                       

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
パンスターズ彗星 見頃 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。