So-net無料ブログ作成
ひまわりと子犬の7日間 ブログトップ

ひまわりと子犬の7日間 [ひまわりと子犬の7日間]

ひまわりと子犬の7日間は、3月16日(土)から全国ロードショー。
ひまわりと子犬の7日間は、保健所に収容された母子犬の奇跡の実話から生まれた感動作。

ひまわりと子犬の7日間
2007年に宮崎県の保健所に収容された母子犬の実話をもとに、山田洋次監督作品で助監督や脚本を務めてきた平松恵美子監督が映画化。この作品は初監督作品で、飼い主のいない犬の現実と、彼らにかかわる人々の苦悩を真正面から描き出している。



ひまわりと子犬の7日間
ネタバレになりますが・・・。

主人公の神崎彰司(堺雅人)は妻を亡くし、ふたりの子供を育てながら、宮崎県の動物保護管理所の職員をしてうる。ある寒い冬の日、住民の通報により1匹の母犬と生まれたばかりの3匹の子犬が収容される。管理所に収容された犬の収容期間は7日間と決められており、その間に新しい飼い主が見つからないと殺処分されることになる。


1匹でも多くの犬を助けようと、日々里親探しに奔走する彰司だったが、母犬は子犬を守るため人間たちを威嚇し続けている。そんな母犬の心を開かせようと、彰司は収容期間を延長するというルール違反を犯してまで奮闘するが、母犬はなかなか心を開かない。彰司の娘・里美(近藤里さ)もそんな母犬に、事故で亡くした自分の母親の姿を重ね、もう一度、太陽の下で生きておけるようにと母犬をひまわりと名付け、彰司に母子犬が一緒に暮らせるようにしてほしいと懇願するが、犬たちの命の期限は刻一刻と迫っていた。


命を守りたいという一途な思いで、、人間不信に陥った母犬と向き合い続ける彰司を堺雅人が好演している。その他、彰司を見守る幼馴染の獣医役の中谷美紀はじめ、でんでん、吉行和子らがわきを固め、映画初出演のオードリー若林が彰司の同僚役で出演している。困難を前にしても諦めない心の強さや信じる心の強さや信じる心が奇跡を起こす感動作。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ひまわりと子犬の7日間 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。