So-net無料ブログ作成
検索選択
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 あら ブログトップ

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 あらすじ [つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 あら]

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 1月26日ロードショー
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語、なんとも長いタイトルですよね(笑)
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語、正直、私は、これが映画のタイトルとは!!

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語のあらすじ、ネタバレになりますが・・・。

艶という女と大島に駆け落ちして結婚した松生春二(阿部寛)は、
奔放な妻の不貞に悩まされてきた。
そんな艶が病に冒され、昏睡状態に陥る。これは、不貞の代償か?

何度裏切られても献身的に愛してきた松生は、彼女を失うことに耐えられない。
彼は、過去に艶が関係を持った男たちに、愛の深さを確かめようと思いつく。
普通これはないよな。わざわざ妻の男性関係を明白にしようとする旦那なんて!!

東京で一見平穏な生活を営む何組かのカップル&家族に突然もたらされた艶の話。


松生の元妻・早千子(大竹しのぶ)は、娘の麻千子(忽那汐里)から大島へ行くことを提案される。

大島の美容院で働き、松生とも面識がある百々子(真木よう子)は、
艶がストーカーとなって追いかけた男の恋人だが、艶に対する松生の愛を見て、自分の恋に対する自信が揺らぐ。

1年前に自殺した夫が艶の愛人だった可能性がある橋川サキ子(風吹ジュン)は、
夫の死の理由を探し求めていたが、松生からの連絡を受けて、大島行きを決意する。

艶の最初の夫の愛人・橋本湊(野波真帆)は、不動産会社に勤務しているが、艶と自分のどちらが愛されているのかを確かめようと考える。

艶の従兄の妻・石田環希(小泉今日子)は、小説家である夫の作品の登場人物が、
艶をモデルにしているという話を耳にし、さらに松生からの電話で夫と艶の関係を疑い始める……。

夫の、恋人の、父のそれぞれの様子から、艶という未知の女との肉体関係を感づいてしまった女たちは、突然自分たちの人生に割り込んできた艶という存在に困惑する。

目の前に見えているはずの“大切な人”が知らない顔を見せた時、人は愛を確かめ、見つめ直す……。

なんだかいかにもドロドロって感じがしますよね。それぞれの夫の不貞が、
意外な形で暴露され、とても冷静ではいられなくなる状況に、突然追いやられた女たちはどんな気持ちであろうか?想像するだけで、ドキドキしてしまう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 あら ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。