So-net無料ブログ作成
検索選択
八重の桜 予告 ブログトップ

八重の桜 予告 [八重の桜 予告]

八重の桜
予告

八重の桜は、2013年NHK大河ドラマだ。
あらすじ 八重の桜は幕末の会津藩(福島県)に生まれ、同志社大学を創立した新島襄の妻となる。その八重の桜を綾瀬はるかが演じる。


戊辰戦争で新政府軍に敗れた会津。無名のヒロイン。歴史に名を刻んだ勝者を描くことが多いこれまでの大河とは、趣を異にする。


八重は、会津藩砲術師範、山本権八の三女として生を受ける。戊辰戦争では、最新鋭のスペンサー銃を手に果敢に戦うが、会津は降伏。その間に父と弟を失い、最初の夫・川崎尚之助とも離縁。全てを失った八重だが、京都府顧問に兄を頼って京都に向かい、新しい人生を切り開く。英語を学び、アメリカ帰りの新島襄と出会って結婚。


日清、日露戦争では、看護婦として戦傷病兵の救護に励んだ。



幕末から昭和まで、その時々の夢に真っすぐ挑み続けた八重。オリジナル脚本を手掛ける山本むつみさんは「八重さんは勇気と献身を象徴するような人。頑固でさまざまな障害を突き破っていく。。生命力の魂で、明治という時代をワクワクしながら生きていたと思うんです。」と語る。



歴史は勝者によって作られるが、敗者の側に立つことで見えてくるものもある。それは「人間力」だという。


内藤慎介エグゼクティブプロデューサーは、「苦境の中から前向きに進んでいく八重、そして会津の人たちの強さは、今の人たちに共感を持ってもらえるのでは」と力を込める。


チーフ演出は「坂の上の雲」第三部の加藤拓ディレクター。語り・草笛光子、テーマ音楽・坂本龍一。全50回。




八重の桜 予告 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。