So-net無料ブログ作成
国友やすゆき 幸せの時間 あらすじ ブログトップ

国友やすゆき 幸せの時間 あらすじ [国友やすゆき 幸せの時間 あらすじ]

国友やすゆき原作、昼ドラ、幸せの時間が、11月5日午後1:30スタート

国友やすゆきさんは、主に男性週刊誌に漫画を掲載している方で、よもやドラマ化されるとは思ってなかったそうです。万が一ドラマ化されるのであれば、過激な描写が多いため、昼ドラがいいなと思っていたそうです。そして今回、国友やすゆきさんの作品、
幸せの時間が昼ドラ登場です。

幸せの時間 [文庫版] 幸せの時間 [文庫版] 全巻 漫画全巻 大人買い 幸せの時間 [文庫版]漫画【...

国友やすゆき原作、
幸せの時間、あらすじ、ネタバレになります。


家族の”崩壊”と”再生”、そして、42歳の主婦・浅倉智子が”幸せ”を見つけ出す物語。
誰もが安息の場所だと思っている家族・・・。
しかし、度の家族もはんの些細なことから崩壊してしまう危険性をはらんでいます。

この物語に登場する浅倉家もそんな家族のひとつです。
浅倉家の夫婦は、会社や近所でも誰もがうらやむ「理想の夫婦」。

主人公・浅倉智子は、念願のマイホームを手に入れ、幸せの絶頂にいましたが、その直後、高村燿子を轢いた交通事故をきっかけに、家族崩壊の坂道を転がり落ちていきます。

家族思いで頼れる存在だった夫・達彦の浮気、横領。
自分の家族こそ理想だと信じて疑わなかった長男・良介の高校中退、同棲。

そして、両親から溢れるほどの愛情を受けていた長女・香織が売春を決意、
さらに達彦の同・矢崎修との秘密の関係を。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
国友やすゆき 幸せの時間 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。