So-net無料ブログ作成
検索選択
チャーリーとチョコレート工場 あらすじ ブログトップ

チャーリーとチョコレート工場 あらすじ [チャーリーとチョコレート工場 あらすじ]

チャーリーとチョコレート工場、8月10日、夜9:00から、金曜ロードショーで !!!
チャーリーとチョコレート工場、 大人から子供まで楽しめる映画ですよね!

チャーリーとチョコレート工場のあらすじはどうなんでしょうか?
あらすじ、ネタバレになりますが・・・。


チャーリー・バケット少年の家の貧しさといったら
それはもう大変なものでした。


今にも壊れそうな小さな家に失業中の父、
母、寝たきりの祖父母が二組。


夕食といえば限りなく水に近いキャベツスープだけ。
しかも日曜日以外はおかわりもできません。
それでもチャーリーは幸せでした。


そんなチャーリーの家のすぐそばに大きなチョコレート工場がありました。
ここ15年間というもの工場の門は閉ざされ
中に入った人も出てきた人もいないのに、
世界的ヒット商品を毎日出荷し続ける謎のチョコレート工場。


ある日、驚くべきニュースが世界中を駆け巡りました。
「ウォンカの工場ついに公開!幸運な5人の子供たちに見学を許す」。


ウォンカ製のチョコレートに入った”ゴールデン・チケット”を
引き当てた5人の子供とその保護者を特別に工場に招待すると、
工場主のウィリー・ウォンカ氏が異例の声明を発表したのです。


世界中が目の色を変える中、
次々と発表される当選者たち。
食い意地でパンパンに膨らんだ肥満少年。


癇癪もちで大金持ちのわがまま娘。


賞を獲得することに執念を燃やす賞獲り娘。


頭のよさをひけらかすゲームオタクの少年。


残りのチケットはあと1枚。
年に1度誕生日のときしかチョコレートを買ってもらえない
チャーリーが当たる可能性は、夕食のキャベツスープよりも薄いものでした。


ところが、道端で拾ったお金が幸運を呼び、
最後の1枚がチャーリーの手元に転がり込んできたのです。



寝たきりの祖父母の1人で、
昔ウォンカの工場で働いていたという輝かしい過去を持つジョーおじいちゃんは、
当選の知らせに突如生き返ったようにベッドからはね起き、
チャーリーにつきそうことになりました。



さて、いよいよ工場見学の日。ジョーおじいちゃんとチャーリー、
そして4組の親子を出迎えたのは、
15年も工場に引きこもっていた
伝説の工場主ウィリー・ウォンカその人でした。
前髪が揃ったおかっぱ頭にシルクハットをかぶり、
歓迎用の笑顔を青白い顔に貼り付けたウォンカ氏に導かれ、
一同が目にした光景は---。


工場を流れるチョコレートの川、
ねじれたキャンディでできた木、
砂糖菓子の舟、そこで働くウンパ・ルンパたち・・・。



誰もがつばを飲み、目を見張る極彩色のミ
ラクル・ワールドで、時代遅れのスラングを連発しながら
嬉々として自慢の工場を案内するウォンカ氏が
時々遠い目をするのはなぜ?


そして個性的すぎる5人の子供たちを待ち受けているそれぞれの運命とは-----!?











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
チャーリーとチョコレート工場 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。